Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

マルハンVRから考える、パチンコ業界の未来

 どうも、管理人のテツです。

 先日、業界最大手のマルハンがVRファンドへ投資がニュースになりました。

 VRと言えば、今年はソニーのPlayStation VRが発売されることもあり、VR元年と言われていますが・・。

 VRとパチンコ、どのような未来が見えるのか?

 ただのスロッター兼パチンカーでしかない管理人が、勝手に色々と予想したいと思います♪

-スポンサードリンク-

  

VR(バーチャルリアリティ)

 VR、要は仮想現実のことですね。

 最近はアニメや漫画の題材でよく目にするようになりました。

 SAOなんかが有名ですね。

 

 もっと昔になると、クリス・クロス。映画化もしたタイムリープと同じ作者の小説です。

 知っていいる人いますかね?

 とにかくVRと言えば、PlayStation VRのようにヘッドマウントディスプレイ(頭にすっぽり被るヘルメット、大きなゴーグルのような物)を装着して、視界に映るすべての映像が仮想の物(作り物)になり、あたかもそこにいるかのように錯覚させるというものです。

 業界最大手のマルハンが、こういう物を開発している会社を支援するファンドに対して投資したわけですが、どうなるのでしょうか?

パチンコとVR

 結論から言うと、必ずしもパチンコ業界にVRを利用するためにマルハンは投資を行ったわけではなく、将来を見据えこれから成長が見込める分野だから投資したのだと思います。

 それでもこういうニュースを目にすると、あれやこれやと妄想してしまうのが生粋のスロッター・パチンカーというものです。

 そういうわけで、私の考える(妄想した)VRとパチンコ業界を少しばかり・・。

VRパチンコ・スロット

567093

 まず真っ先に想像するのは、ヘッドマウントディスプレイを装着しての遊戯。

 でもこれは、厳密にいうとARに近い物ではないでしょうかね。

 仮にVRでパチンコ・スロットとなると、そもそも店に行く必要がなくなりますから。

 実際にホールの中でのVRとなると、ARだと思います。

 ARとは拡張現実と呼ばれるもので、世界的に話題になったポケモンGOがそうです。

 ホールの中でVRパチンコ・スロットを打つとなると、あくまでも現実に見えている世界の中に台を出現させる。スマホを通じて見えるポケモンと一緒ですよね。

 これが実現したら、台の入れ替えが必要なくなりますね。新台のデータが更新されればいいだけですから。

 ただ、ホール側が客の使用するヘッドマウントディスプレイのような機械を用意するとなると相当な数が必要になりますし、他人の使用した物を使うのも少し抵抗があります。

 一人一台、誰でも小型化されたヘッドマウントディスプレイのような物を常に装着しているような世界にでもならない限り難しそうですね。

AR(拡張現実)

 このARはホール内で、将来的に使われる時代が来るんじゃないかと。

 先ほど述べた、パチンコ・スロット台がARになるというものではなく、むしろホール側、店員がグーグルグラスのような物をかける未来。

 グーグルグラスとは、一見ただのメガネのように見えるが、様々な情報が見られるメガネです。

 ホール店員による情報伝達がインカムにとって代わり、様々な情報、特に客には知らせたくない情報のやり取りにAR等の技術が使われるかも。

 現在すでに監視カメラの映像から顔認識といった、個別に客を識別するような技術もあり、例えばホールにとっての要注意人物などの情報をグーグルグラスのような物で共有することも出来るといった感じですね。

まとめ

 色々と想像(妄想)してみましたが、管理人の乏しい知識で思い描ける未来はこんなもんです。

 実際は頭の良い人達によって、私たちの想像もつかないような変化をするかもしれませんね。

 10年後、20年後、パチンコ業界はどのように変わっているんでしょうかね?

 みなさんはどう思いますか?

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

ページトップへ戻る