Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

おいっ!俺の横で台パンするのはやめてくれ!~パチ屋でのマナー問題~

 どうも、管理人のテツです。

 先日北斗転生を打っていたら、横に座っていた若い兄ちゃんが勝負魂15個連続維逝かれたくらいでキレました(-_-;)

 表題の通り、となりで台パンです。(‘Д’)

 打っている横で台パンとかされると、テンション下がるからやめてほしいですよね。(;´Д`)

 まあ昔に比べれば、だいぶ台パンする人も減りましたが・・・。

 台パンに限らずマナー全般について言える事なんですが、本当にだんだんとパチンコ屋の客のマナーが良くなっているのは事実だと思います♪

 それにホールの接客なんかについても言えますよね♪

 それでも一部、マナーの悪い客も未だに存在するのも事実なんですよね。

 ただこのマナーの悪い客、例えば台パンする人ってのは今まで私が見てきた経験上、必ずしもキレてはいない場合があるんですね。

 例えば、本当にそれが悪いことだとは思っていない→クセみたいになっている、こういう人もいるんですよね。

 一般的にマナーが悪いと思われる行動を取る人たちの中には、全員がガチギレしているわけではなく、ちょっとそういうパターンもあったりするという事です。

 端から見たマナーの悪さが、悪意から来ていない人もいる。

 どういうことか?

 今回は台パンを例に、私が過去に見た人達で説明したいと思います。

-スポンサードリンク-

  

台パン

 台パン。

 出なくて、キレて、台を殴る。

 こういう、ある意味スタンダードな人は置いといて、別にキレていないのに台パンする人ってのも存在します。

 台パンまではいかなくても、マナーの悪い行為がルーティンみたいになっている人を今まで何度も目撃してきました。

ケース1 ムッキムキ大男

 むかし私がマイホにしていた店に、ムッキムキの大男が通っていたことがありました。

 その大男、仕事帰りの夕方になると職場の仲間と店に打ちに来ていました。

 この大男がとにかくウザかった(=_=)

 スロットを打っていて、何か演出がガセるたびに台パン。

 激熱演出がガセった訳ではなく、「その演出、いらなくね?」みたいな空気演出がガセっても台パン。

 ことあるごとに台パン。

 でも、明らかにキレていないんですよね。

 隣で打っている職場の同僚と楽しくしゃべりながら、台パン。

 もうクセなんですね。

 本当に迷惑なクセでしたけど( *´艸`)

 これはちょっと極端な例ですかね(-_-;)

ケース2 ギンパラの常連

 私がパチンコを始めたばかりの頃、都内の某店にて。

 本当に始めたばかりで、まだ右も左も分かっていなかった頃のことです。

 その店のギンパラの島はほとんどが常連で、少し通うと私が当時若くて目立っていたこともあり、大半の常連客から話しかけられるようになりました。

 何度も言うようですが、本当に何もわかっていなかったので常連客の教えてくれるオカルトをドンドン吸収していきました(笑)。

 194はリーチ目だとか、上段34で下段真ん中に1の時ど真ん中に奇数が来るともうすぐ魚群だとか(笑)。

 こんなアホみたいなことを本気で信じていました(;^_^A

 そんなオカルトの中に、「リーチがかかったら、上皿の右を殴ると魚群が出やすくなる」というどうしようもない物がありました(-_-;)

 私は今現在、全く台パンするようなことは無いんですが、その時だけは教えられるままに殴っていました(;・∀・)

 当時その店ではそれがスタンダードだったんです(;・∀・)

 その店のほぼ常連客しかいないギンパラの島では、リーチがかかるたび当たり前のようにみんなが台パンしているんです。

 私がリーチがかかった時に台パンしないと、隣のおばちゃん「なんでやんないのっ!」って怒られるんです。

 しまいには、私の台にリーチがかかった時、親切心から私の台を「魚群来い!!」って台パンしてくるんです。

 最初に打ち始めた環境がそんなだったら、そういうもんだと思ってもしょうがなくないですかね(-_-;)

 その後、違う店でそのオカルトを誰もやってなかったので、すぐ台パンしなくなりました(;^_^A

 遥か昔のことですけど、今思い出してもバカだったな~って思いますね(´・ω・`)

 この叩いたら魚群が出るっていうのは、今でいう所の熱いリーチで必死でプッシュボタンを連打する人とかに近いかもしれませんね。

 最近は言われた記憶は無いんですけど、プッシュボタンが搭載された当初は、「どうせ当たんね~から」とボタンを押さないでいると「なんで押さないの!?外れちゃうよ!」と言ってくるおばちゃんとかいましたからね(笑)。

 きっと押さないと当たらないと、本気で思っていたんですよね。

ケース3 気の良いオジサン

 私がパチンコ屋で知り合ったオジサン(おじいちゃん?)に、ちょっと打ち方が変わった人がいました。

 そのオジサンとは同じ店に通う内に親しくなり、よく話すようになったんですが気の良いオジサンでした。

 いくら負けてても全く怒る様子もなく、本当にスロットが好きで毎日打ちに来ている人でした。

 ここまでだと何も問題は無さそうなんですが、問題はここぞという時のリールの止め方がチョット人より強めなんです。

 端から見ると、ストップボタンを殴っているようにしか見えないくらいの強さで止めるんです。

 本人的には頑張って目押しをしようとしているだけなんだと思うんですが、周りから見たら台パンしているようにしか見えないんですよ。(‘Д’)

 私も初めて見た時はビックリしました。(;・∀・)

 でも本人は本当に良いオジサンで、全くキレてないんですよ。(;^_^A


 どのケースについても言える事なんですが、みんな決してキレているわけではないってことなんです。

 クセだったり、地域性だったりするんですね。

 だからと言って、決してマナーの悪さが肯定されるわけではありません。

 その行為自体に周りの客が迷惑しているなら、どういった経緯にしろ一緒ですから。

 今回一番言いたかったのは、普段の何気ない行為が自分はそのつもりは無くとも周りからしたらマナーが悪い行為だと映っている可能性もあるという事を言いたかったんです。

 自分のマナーには問題なくとも、もし知り合いの中に無意識にだとしてもマナーに問題がある人がいたら言ってあげてほしいなと思います。

 その方が、結果的にみんなが気持ちよく打てるはずなんで(‘◇’)ゞ

 今回お話ししたクセや地域性に起因することが、マナー問題に関係していると感じた経験って意外に多いんで、そのうち他のことについても機会があれば書きたいと思います。

記事を読んでくれたそこのあなた!!少しでもお役に立ちましたなら、1日1回↓の応援ボタンPUSHをお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 スロットブログへ

スポンサーリンク

ページトップへ戻る