Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

サンセイに事前通知!?全日遊連の動きと業界の未来について

どうも、管理人のテツです。

今回は新機種が販売されるたび、特にビックネームが販売されるたびに行われる、そう「不公正販売」について。昨年のフィールズによる「モンスターハンター狂竜戦線」などは記憶に新しいところであります。

「知らない」という方は、その時の経緯について下記記事を参照していただければと思います。

スポンサーリンク

不公正販売

この「不公正販売」、大な小なりほぼ全てのメーカー・販社において行われているのが実情であり、現在様々な要因が絡み合い遊技客の減少等で売り上げが下降しているであろうホール、特に中小のホールにとっては頭の痛い問題。

一応過去には「大量導入優先販売の是正に向け、4団体が合意」という形で業界としてはアクションを起こしたことはあるにはあるのですが、結果として全く機能していないのが現実です。

そんな中、今回は特定のメーカーに対して「不公正販売」をしないように全日遊連からのお達しが!?それも販売前の機種「CR牙狼GOLD STORM翔」についてとのことです。

全日遊連からサンセイへの要請

 
牙狼gold storm2

全日遊連からサンセイへの要請

 
牙狼gold storm1

全日遊連から各ホールへの情報提供の呼びかけ

 

これらの資料画像2点は、日付にある通り、ごく最近出された通知書面です。

※引用元:「パチンコ屋の裏話 現役店長がこっそり更新」

機種もメーカーも名指しで、それも販売前に釘を刺してくるなんてことは大変珍しいのではないでしょうか?

大注目の機種ですから、「不公正販売」が行われるのも確実だったでしょう(これはサンセイに限らず、大型機種を販売するときはどこのメーカーでも同じかと)。一説によると台の値段も相当なのでは?という事もあり、ホールの方々は戦々恐々としていたのではないでしょうか?

実際のところ、この通知がどれほどの効果になるのか?抑止力となるのかは分かりませんが(あくまでも「お願い」で、仮にそれを無視した場合の罰則等は無いのでは?)、多少はサンセイとしても考えるところはあるでしょうきっと。

一般ユーザーからすると「どう販売しようが関係ない」と思う方もおられるかもしれませんが、ホールがメーカーからキツイ条件を突き付けられて負担したお金は、勿論ユーザーから回収しようとするわけです。で、その回収に嫌気が差したユーザーが打ちに行かなくなればホールにもお金が入らない。そうなるとホールが台を買えないからメーカーにお金が入らないと。結局「ユーザー・ホール・メーカー」この3者で回っている業界ですから、1か所バランスが崩れればそのしわ寄せは他にも波及するわけです。

そしてそのしわ寄せで、昨今中小ホールは苦境に立たされているという事ですね。実際はこんなに単純ではないでしょうが、大枠ではこんなところでしょう。

それでもそうやって淘汰されていくのが「市場原理」だという人もいるかもしれません。でも私は、今回全日遊連からの通知を引用させて頂いた楽太郎さんのブログ記事の最後の言葉、

パチンコスロット業界というのは、営業規模が大きい/小さい、営業力が強い/弱いといった事ではなく、多様である事によって適正な姿が保たれる

まさしくこれこそが正しいあり方ではないかと思います。

大手ホールに大手メーカー……勿論それはそれで良いところも多くあります。別に判官贔屓という訳では無く、大手には大手の、中小には中小の、それぞれの良さがある営業を実現出来るのが一番なのにと……そう思っています。

この問題は、今回話題に上げた「不公正販売」だけではなく、広告規制だったり、台の値段……などなど、特色ある営業手段を取れない理由というのは色々あると思います。私としては、そういった様々な問題を是正していき、「多様」であることを是とする業界となっていってくれることを1ユーザーとして願っています。

皆さんはどう思いますか?

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:

スポンサーリンク

ページトップへ戻る