Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【今度こそ!?】パチスロ バイオハザード リベレーションズ【PV】※第2弾PV追加

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©EnterriseCo.,Ltd. All Rights Reserved.

どうも、管理人のテツです。

エンターライズからバイオの新台発表!「パチスロ バイオハザード リベレーションズ」のPVが公開されましたのでご紹介したいと思います。

※記事後半に第2弾PV追加

スポンサーリンク

パチスロ バイオハザード リベレーションズ【PV】

感想

バイオの新作です。「5」「6」と出ていますが、今回は「リベレーションズ」。

ゲームのバイオシリーズはPSで発売された初代から始まり、今までに数多くのタイトルが出ていますが、今回の「リベレーションズ」は2012年に3DSから発売されたタイトルで、時系列的には「4」と「5」の間の話だそうです。

管理人、初代で衝撃を受け「3」くらいまではプレイしたのですが(「4」までだったっけ?)、「リベレーションズ」は未プレイですね(というか3DSで出ていたのすら知りませんでした(;^_^A )。

PVでも言っていましたが、

「原点回帰」。

元々初代のバイオは、今までにない3D視点でのゾンビホラーゲームとして登場し、その恐怖感たるや衝撃的で、「夜暗い部屋でプレイするとマジビビる」正真正銘のホラーだったわけですが、いつの頃からかすっかりただのガンアクションゲームになってしまったわけです。

そこで「原点回帰」して、もう一度「ホラー」としてのバイオを目指したのが今回の「リベレーションズ」のようです。

恐らく夏ごろに登場するのでしょうから、題材として「ホラー」はピッタリなんで期待したいところなんですが、大丈夫でしょうか?

エンターライズは「バイオ5」や「モンスターハンター月下雷鳴」といった今までにない斬新な機種を世に送り出し、世のスロッターから高評価を得てきたわけですが、ここ最近は「バイオ6」「モンスターハンター狂竜戦線」……人気タイトルの続編がこう言っちゃあれですが、期待外れなんですよね(;´・ω・)

でもまぁそこは紙一重だと思うんですよね。例えば「バイオ6」なんかも「バイオ5」と比べて演出面で劣っていたわけでも無く、出ればそれなりに楽しめたのですが、出すハードルが高かったというか高く感じたというか……別に「バイオ5」だって簡単に出せたわけでは無いのですが、そこは見せ方なのか?出玉設計のちょっとしたバランスなのか?

まぁ素人の管理人ごときではどうするのが正解なのかなんて思いつきませんが、少なくとも今までに5号機の中でも間違いなく「名作」と呼ばれる機種を世に送り出してきたメーカーですから、そのポテンシャルは確かなはずです。

是非!最近の評価を一変させるような、「バイオ5」を超えられるような名作登場を期待しています<(_ _)>

パチスロ バイオハザード リベレーションズ【第2弾PV】

第2弾PVが追加されました。

A+ARTでボーナス込みの純増2.0枚、この辺はみんないっしょですね。

ART中は、

ボス登場でバトル突入。

ロケットランチャーはやっぱり確定ですよね♪

バトル勝利でART継続……と。

未だ真偽のほどは定かではありませんが、設定6の機械割が110%を切ってくるとか、いやホントはそうじゃないとか、どうなんでしょうね?

別に機械割が台の面白さの全てでは無いですけど、やっぱり設定6くらいは110%以上欲しい気もします……ATと違って新基準は低設定の誤爆が少なくなっていますし……ん~難しいところですが。

ここのところ出す台の評価がイマイチパッとしないエンタですが、PV見ている限りでは面白そうなんですよね~(‘ω’)

まぁPVが面白そうなのは当たり前っちゃぁ当たり前なんですけどね。じゃなきゃ宣伝にならないんで。

それでもやっぱりバイオは好きなんで、期待しちゃいますね。

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

にほんブログ村 スロットブログへ

タグ: , , , ,

スポンサーリンク

ページトップへ戻る