Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ【スペック・ボーダー・止め打ち・PV】

Copyright © 2017 KYORAKU SANGYO ALL RIGHTS RESERVED. © Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS Licensed by SACRA MUSIC Licensed by Aniplex Inc.

TVシリーズに劇場版と絶大な支持を集めた原作アニメ、さらにはパチスロ化もした人気作が京楽から満を持して登場!「CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ」の解析情報になります。

基本的なスペック、攻略要素となるボーダー・止め打ち、本機最大の魅力「アルティメットRUSH」ついて紹介します。

スポンサーリンク

CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ
【もくじ】

基本情報

基本情報
台の名称1/319CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ XH2
メーカー京楽
仕様1種2種混合機
導入日1/3192017年9月4日
筐体画像

ここ最近トレンドとなりつつある1種2種混合機による高ループ機。本機最大の特徴は、この手のタイプとしてはめずらしく、確変ループタイプのように(ほぼ)次回大当たりが約束される「アルティメットRUSH」(下記にて詳細説明)。

スペック/ミドル(1/319)

スペック(1/319)
大当たり確率通常時1/319.7
右打ち中1/7.2
時短突入率100%
電サポ1 or 6 or 100回
ワルプルギスの夜→マギカ☆RUSH突入率
(時短1+保留4)
52.7%
マギカ☆RUSH継続率
(時短6+保留4)
77.6%
アルティメットRUSH継続率
(時短100+保留4)
99.9%
賞球数ヘソ4個
電チュー1個
その他3 or 4 or 7個
アタッカーV賞球3個/10カウント
賞球15個/9カウント
当選内訳(1/319)
ヘソ 当選内訳
ラウンド電サポ出玉振り分け
7R100回870個1%
7R6回14%
7R1回85%
電チュー 当選内訳
ラウンド電サポ出玉振り分け
16R100回1990個10%
12R6回1490個55%
4R500個35%

ボーダー/ミドル(1/319)

ボーダー(1/319)
交換率表記出玉出玉5%減
2.50円23.024.2
3.03円21.322.4
3.33円20.521.5
3.57円19.920.9
4.00円18.919.9

※算出条件:3000回転/電サポ中出玉増減なし

止め打ち

【開放パターン】
・1種類…2回開放

【止め打ち手順】
①電チューが閉じたら2個打ち出し ②以降①の繰り返し

【注意点】
基本的には上記手順にて無駄玉防止となるが、「アルティメットRUSH」以外は時短が短い点、そもそも返しが1個であることを考慮にいれると、保留満タン状態では打ち出しを停止するのも一つの手。その際は下記の注意点を頭に入れていただきたい。

・ほぼ次回大当たり確定となる「アルティメットRUSH」については上記手順で問題なし。

・「マギカ☆RUSH」と「ワルプルギスの夜」に関しては、まず大前提として終了時に必ず保留4個を溜めておく必要あり。なので、止め打ちを実践する際には注意が必要。

マギカ☆RUSH」中は「アルティメットRUSH」中と違い変動時間の間隔が長めなので、最終変動(6回転目)以外は保留満タンで打ち出しを停止してもかまわない。

ワルプルギスの夜」は多数変動しているように見えて内部的には時短1回転となっているので、下手に止め打ちを行い時間内に保留を満タンに出来ないようだと大損となるので特に注意が必要。止め打ちが上手くいかず保留を満タンに出来ない可能性があるなら、打ちっ放しの方が無難。

アルティメットRUSHについて

吉宗、シンフォギアと同じく1種2種混合機の高ループ機である本機。右打ち中の保留満タンによる追加抽選により、新基準下でありながら継続率約80%を実現している点は他機種と同様だが、本機にはほぼ継続確定となる「アルティメットRUSH」が搭載されている。

一般的な1種2種混合機による高ループ機は、右打ち時の時短回数は4~6回で大当たり確率1/7前後が主流だが、本機に搭載されている「アルティメットRUSH」はその時短が100回!右打ち時の大当たり確率は1/7.2なので、時短100回+保留4個内で当たりを引ける確率は99.999….とほぼ100%!1種2種混合機による高ループ機でありながら、事実上次回大当たりが確定することとなる。

PV

下記リンク先の当サイト紹介ページにて視聴可能です。

管理人の私見

出る出ると噂には上がっていたパチまどマギが遂に登場。時期的には今でまだ良かったのかなと。下手に新基準初期の頃に出されていたら、かなり残念なスペックとなっていた可能性もあるので。まぁ本当ならスロが盛り上がった直後くらいの方が良かったのでしょうけど。

何はともあれスペック的にも一撃に期待できそうですし、コンテンツの魅力もありますし、やはり気になる1台です。

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ: , , ,

スポンサーリンク

ページトップへ戻る