Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【ひどい話】過去にパチンコ屋で損した話

どうも、管理人のテツです。

パチンコ屋で起きる不測の事態。

そこまで大げさじゃないですが、気を付けないと損をするかもよ?という小話♪

スポンサーリンク

管理人テツが実際に損した出来事

かなり昔の話もあれば、最近の話もあります。

みなさんも似たような経験ないですか?

あるある!という方は共感を、無いよ!という方は参考までにどうぞ♪

ひどい!メダルの枚数が!?

これは、私がスロットを始めて間もないころのお話。当時、近所の小規模チェーン店の一つでAタイプの大量獲得機の大花火を打っていたときのことです。

友達と連れ添って打ちにきていて、お互い数回のボーナスを引き楽しんでいたあるとき友人が話しかけてきました。

「なんかボーナスの枚数がおかしい気がするんだけど。」

どうやら実際の獲得枚数が、本来得られるはずの枚数とずれている気がするとのことでした。

次、ボーナスを引いた方が確認してみようということに。

私が先にひいたので、下皿を空にしてボーナスを消化し始めると

なんと!!

払い出し枚数が毎回きっちり1枚少なかったんです!

1枚掛けで15枚払い出し、クレジットがMAXなら下皿に14枚払い出されるはずが、きっちり毎回1枚少ない13枚だったんです。今みたいにスランプグラフとか見られなかったので、そのまま流していたら全く気付かなかったに違いない。(;^_^A

友人に感謝です( ゚Д゚)

結局故障だったみたいで店員に直してもらったんですが、保証は無し(;´Д`)

それからは一時期必ず最初のボーナスで払い出し枚数を数えていました!

5号機になってからは無いんで、機械の性能が良くなったんですね♪きっと…(今思い返してみると、あれは本当に故障だったのか…う~ん)。

景品交換所で・・・

これよくあるやつで、交換したら金額が違ったってやつなんですがね。

管理人が専業だったころ、ある郊外の店での夕方からの稼働で勝利し(何を打ったかは思い出せないんですが沖スロっぽいストック機だったような)、5万円分の特殊景品を交換した時のこと。

仮にも専業なわけですから、交換所でピンハネされることがあるってのは百も承知なんで、当時も毎回確認はしていました。

その日もモチロン確認して家に帰ったんですが、

帰ってから財布の中身を確認してびっくり!!

1万円札5枚だと思っていたら、

・・

・・・

・・・・

・・・・・・

間に5千円札が挟まってるんですよ(笑)

こう千円札と1万円札は明らかに違うんで気づくと思うんですが、5千円札と1万円札だとちょっと似ていませんか?

ましてや暗い中で、4枚の1万円札の中に1枚だけ5千円札が挟まっていたら見逃しませんか?

見逃しませんよね(笑)

キチンと確認しなかった(確認が甘かった)私がアホなんですが、ちょろまかしたのは交換所の中のやつ。間違って、というのは考えられないので、明らかにわざとでしょうけどね。( *´艸`)

これ以来より気を付けるようになったのは言うまでもありません(笑)

まさかの・・・レシートが!?

ある日の事、すんげー過疎店でハイエナに勤しんでいたんです。

すんげー過疎店なので前もって打てる台がある時しか行くことはなく、その日も確かバジリスク2の天井を拾いに行ったんですね。

バジ2の天井狙いで800枚ほど獲得して、いったん流してレシートを受け取りました。

その店、貯玉システムがあったんですが、すんげー過疎店でめったに来ないのと、特殊景品の最小単位が100円だったんでそんなに損はしないからいいやとカード作ってなかったんですよ。(すんげーすんげーうざいですか?気にしないでください!)

そのままカウンターで景品と交換して違う店に行こうとしていたら、知り合いから、

「1時間後に駅まで迎えに来て!」

こんな連絡がありまして、迎えに行くことになったんです。

次に向かおうと思っていた店はここから駅とは正反対の場所にあり、とてもじゃないけど行って打って駅に1時間後に迎えに行くのはキツイ!

「でもこれから1時間も待つのは暇だ!」

わからないほど宵越ししている蒼天の拳2を打つことにしたんです。

当時の記憶だとゲーム数は450Gくらいだったんでとっくに打てる台だったんですが、その店すんげー過疎店でライバル皆無だったのでもう少し寝かせる予定だったんですよね、ホントは(´・ω・`)

「どうせ蒼天の拳なんか大して出ないから、これで時間まで暇をつぶそう!」

その後は順調に天井まで連れていかれて、ATが始まってみると

オーラが虹

関係ないです。いつも通りどうせすぐ終わります!

がしかし、終わらない(-_-;)

いやあ~これスロット・パチンコあるあるですけど、時間がない時に限って出ますよね(笑)。

気がつけば既に約束の時間になり、知り合いには待ってもらって急いで消化です!

結局3000枚ほど出て、急いで流してさっき出したバジのレシートと合わせて2枚をカウンターで店員に渡し、景品を受け取り交換所で6万ちょい交換して友人を迎えに行きました。

駅についてから知り合いには平謝り、その後お詫びに飯をおごって家に帰ったんです(よくよく考えると、善意で迎えに行ってあげているはずなんですが…まぁ遅れたのは私ですから…)。

家に帰って一息つき、収支を付けているときおかしいことに気づきました。

「あれっ!?6万って少ないよね!?」

そうです!皆さんも良く思い返してみて下さい。バジが800枚。蒼天が3000枚強。出玉は2台で合計4000枚弱、金額にすると8万弱のはずです!

よくよく計算してみると、バジリスク2の分の出玉がごっそり抜けているんです!

確かに間違いなく2枚レシートを渡しました。

おそらく、バジの分のレシートを読み込んでなかったんです(◎_◎;)

流石に店の人もそんなあからさまな不正をしてくるとは考えにくいので、たまたまバーコードを読み取れなかったんだと思いますが・・。

すんげー過疎店なんで設備はかなり古いですから・・。

サンドに札がなかなか入らないし・・。

店員も全くやる気ないし・・。

どっちにしろ、それを証明するものは手元になく、次の日に言いにいったところで無駄だと思ったので泣き寝入りしました(;´Д`)

わざわざ言いに行くのがメンドーだったのもありますが・・。

勝ったのに負けた気分です・・。

これも私がアホな出来事ですかね。(;^_^A

みなさんも急いでいるときは気を付けましょうね♪

私以外にこんなバカな出来事に遭遇する人は、そうそういないと思いますが。(笑)

大人気!【ひどい話シリーズ】はこちら♪

一応ランキング参加中。ぜひ押していってください毎日1ポチッと(●´ω`●)

にほんブログ村 スロットブログへ

スポンサーリンク

ページトップへ戻る