Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

昔のパチンコ屋あるある その1

どうも、管理人のテツです。

十年ひと昔とはよく言ったもので、10年前と今では世の中も大分様変わりしました。

スマホでネットに接続したり、スマホでゲームしたり、スマホで漫画読んだり、スマホでニュース読んだり・・・ってスマホばっかりじゃね~かよ。( *´艸`)

まあ他にも色々変化したわけですが、それはパチンコ業界とて例外ではありません。

かくいう管理人もパチンコ業界の変化は感じており、10年どころかもうすぐ20年に差し掛かろうとしている遊戯歴(正確にはとっくに20年を超えていますが・・|д゚))。昔のパチ屋は20代の方からすると「昔はそんな感じっ!?」となる事も多いかもしれません。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで管理人が実際に体験してきた昔のパチンコ屋。今とは大分変わった点なんかを思いつくままに書き殴っていこうかと。

一応思い出すたびに書いていこうと思っているので、今回が記念すべき第1回となります。思い出さなかったら全1回になりますが・・。

「気になる」という方は応援おねがいします。(‘◇’)ゞ

スポンサーリンク

パチンコ店の今と昔で変わったところ

今から〇年前以上の話になるかは色々で、とにかく「変わったな~」って思う事を管理人の思い出・感想と共に書き連ねていきたいと思います。

パチンコのドル箱を自分で床におろす

ドル箱

今は自動計数の店も増えましたが、今でも大当たりするとコールボタンで店員を呼びドル箱を下してもらう店もありますよね。たまにネットなんかで「呼んでもなかなか来ないからイライラした」なんて意見を目にすることもありますが、そもそも昔は自分でおろしていました。

とは言っても管理人の記憶を辿ってみると、昔でも呼べば店員が来てくれた気がします。ただ大当たりすると近くにいる常連のおばちゃんとかが空き箱を渡してくれたり、ハンドル握ってくれたり(いや、そもそも管理人が昔行っていたパチ屋はハンドルに触れていなくても玉が発射されていたっけ。)と、とにかくドル箱の上げ下げはセルフでした。

昔のパチ屋は今より客が多く、それに伴ってもちろん常連も多い。今のように新台入れ替えの頻度も少なく、長い期間設置されている機種もあり、毎日同じ人が同じ機種を打っている→自然とその島はみんな顔なじみ、なんてことも多かったです。

店員は絶対おじぎなんかしない

ojigi

今では全国どこのパチ屋に行ってもそれなりの接客を行う店が増えました。

よく昔のパチ屋店員の話になると「パンチパーマの店員がいた」「営業中にタバコを吸っていた」なんて感じで、今では考えられない様な話を聞くこともあると思います。

管理人の私がパチンコを始めた本当に初期の頃はそんな店員もいるにはいましたが、それはかなり昔の話になりますね。

スロットでいう所の4号機も半ばに差し掛かると、流石に営業中にタバコを吸っている店員は滅多に見なくなりました。ですが、私のマイホの店員は今とは違い無愛想で笑顔で客に対応なんてしないですし、もちろん目の前を通ってもお辞儀なんてしていませんでした。

ただ、当時の私からするとそれが当たり前であり、「あの店員愛想わり~な( *´艸`)」とは微塵も思わなかったんですよね。ずっとそういうもんでしたから。

それがある日のことです。自分のマイホがある地域に大手チェーン店が出店することになりました。そのチェーン店は今ではよく目にする、客が目の前を通ったらお辞儀、島の端まで来たらお辞儀、客対応は笑顔で、こんな感じのマニュアルが完備されているところでした。

私のマイホも近くにそんな店が出来る事に脅威を感じていたんでしょうね。ある日を境に急に店員がお辞儀をするようになったんです

もうね客も店員もぎこちないことこの上ない。(;^_^A

今まで無愛想だった店員はどこかばつが悪そうに、もう見るからにいやいや(笑)、かなりぎこちなくお辞儀。

客もそれまでとの変わりように、なんだか変な感じ。常連はみな「なんかいきなりお辞儀されても気持ち悪い」と戸惑っていました(笑)。

最近打ち始めた人からすると当たり前でしょうが、当時はパチ屋の接客の変化に戸惑う人も多かったですね。

あとがき

取り敢えずパッと思い出した昔のパチ屋の話を2つ書かせて頂きました。

「こんな昔のパチ屋の話を他にも読みたい」という方は応援して下さると有り難いです。

反響次第では、思いつく限りシリーズ化の予定なのでどうぞよろしくお願いいたします(_(._.)_ぺこり)。

「反響が無くてもどうせ書くんだろ」と言われれば、それはそうなんですが、応援があった方がモチベーションが上がります(*´з`)。

 

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ: ,

スポンサーリンク

ページトップへ戻る