Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

理不尽!!私がパチンコ屋でやられたひどい話

どうも、管理人のテツです。

当ブログでは、過去に管理人がパチンコ店で遭遇した様々なひどい出来事を紹介してきました。

そんなひどい出来事の中で、今思い出してみてもかなり理不尽であると思わざるを得ない。( *´艸`)

今回はそんなお話を少しだけしていきたいと思います。

スポンサーリンク

これぞまさに理不尽

149156

この話は私がスロットを始めて本当に最初の頃のお話です。暇を持て余していた私は、当時よくつるんでいたTに電話をかけました。

テツ「暇なんだけど、今何してんの?」

T「○○っていうパチ屋にいるよ。」

テツ「じゃあ今からいくわ!」

そう言って私は電話を切り、原付で○○店に向かいました(当時の私の移動手段はもっぱら原付でした)。この○○店というパチ屋。私は一回も行ったことがなかったのですが、ある意味地元では有名な店でした。

何で有名だったかって?

それは。

・・

・・・・

・・・・・店舗の2階がや〇ざの事務所。(‘Д’)

それはともかく、店についた私はTと合流し、スロットを打ち始めました。あまりにも古い記憶なのでかなり曖昧なのですが、たぶんタロットマスターだったような・・。鉢巻きが付いてる機種だったのは何となく覚えているんで、もしかしたらデルソル・・まぁどうでもいいですよね。(・。・;

そんなこんなで何かしらのスロットを打ち始め、サクッと負けて終了。

覚えたてなんて、こんなもんです。

先にこの店で打っていたTもやめるというので、私は駐輪場に止めてある原付に座って待つことに。その後は、換金し終えたTと合流し駐輪場でくっちゃべっていました。

天気のいい昼下がり、暇だけど負けて金は無い。

さて、これからどうするかと話し合っていたところに、他の知り合いから電話がかかってきました。私はTとの会話を中断し、知り合いと電話。

すると、電話をしている私の視界に、店の入り口から若い兄ちゃんが出てくる姿が映りました(当時の自分たちも十分若かったんですがね(;^_^A )。

若い兄ちゃん

若い兄ちゃんが出てきて直ぐの場所に私たちがいる駐輪場があり、私のツレTは入り口に近い場所に座っていました。

その横に、原付の上で電話している私。

店から出てきた若い兄ちゃん。

んんっっっ!!??

ものの10秒もしないで、Tが若い兄ちゃんに絡まれています。

若い兄ちゃん「何見てんだよ!」

T「・・・・・・」

Tはこういう時に言い返せるような奴ではなく、どちらかというとオタクっぽい奴でした。そんなTが私の横で押し黙り困っているようなので、すぐさま電話を中断して助け舟を出しました。

テツ「どうしたん?」

兄ちゃん「そっちじゃなくて・・こいつが見てるからよ。」

テツ「見てるくらいで、気に・・。」

ガッッッッ!!!!

言い終わる前に、いきなり殴られました。(・。・;

「気にすんなよ」と言おうとしたところの「気に」でいきなり殴られました。

原付の上で手を後ろにつき、足をブラブラさせた状態で、尚且つ話の途中。

ていうか、会ってまだ1分くらいですよ・・・。

まさかこれくらいのやり取りで、いきなり殴られるとは思っていなかったので、モロに喰らってしまいました。

一瞬あっけにとられるもすぐさま起き上がり、私も頭に血が上り「倍返しじゃ!!」と取り敢えず2、3発殴り返して兄ちゃんの目を覚まそうとしたところで、重大な事実を思い出しました。

パチ屋の2階は事務所…

ここ、や〇ざの事務所の目の前じゃん。(;・∀・)

これはマズいと。騒ぎが大きくなって、上からホンモノが出て来たらシャレにならんぞと。

熱くなりかけていた私はすぐに冷静になり、方針転換。さっさと兄ちゃんを制圧し、家に帰しました。

ちなみにその兄ちゃんを制圧してから聞き出した言い分は

  • 負けてイライラしていた←俺も負けてるよ!
  • やられる前にやろうと思った←手が早過ぎる!
  • 2階がや〇ざの事務所だなんて知らなかった←だろうね!
  • 16歳の○○高1年生です←!!!?
  • 強いっすね~←子供から見たらね

幸いにして、騒ぎを聞きつけられることもなく事なきを得ましたが、散々な一日でした。

スロットで負けて、絡まれて殴られる・・絡まれたの俺じゃないのに。(T_T)

しかも相手は高校1年生。(;´Д`)

皆さんも負けてイライラしても、人に八つ当たりしない様にねっ!ねっ!

パチンコ・パチスロは18歳になってから!

管理人からのお願いです。_(._.)_

大人気!【ひどい話シリーズ】はこちら♪

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ: ,

スポンサーリンク

ページトップへ戻る