Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

元専業者が教える!パチンコ屋での年末年始の立ち回り方

どうも、管理人のテツです。

もう今年も残すところ後わずか、1年が終わろうとしています。

世の中的にはそろそろ休みに入った人も多いでしょうか?それともとっくの昔に、正月休みに突入しているという方もいらっしゃるんでしょうかね。

そんな皆さんに年末年始のスロット・パチンコの立ち回り方を、専業時代、そして今現在の管理人の経験から少しばかりの指南、助言…むしろ戯言かもしれませんが、何か役立つこともあるかもしれないので、まぁ聞いてやってください。(;^_^A

スポンサーリンク

年末年始の立ち回り方

年末年始のパチンコ屋。広く知れ渡るようになった感もありますが、言うまでもなく渋いです。1年の中でも、盆か正月かというくらい出ない時期です。

渋いってわかっているんで立ち回りも何もなく、「行かない」というのが正解なんですが、それを言ったら身もふたもないので、もう少し掘り下げていきたいと思います。

年末年始に稼働する人のパターン

まず世の中的には2通り、年末年始にパチ屋に行く人、パチ屋に行かない人。ちなみに管理人は専業時代、GW・お盆・年末年始など世の中的に長期休暇の時期には、まったく稼働しませんでした。ハイエナが主体の時期でも一緒です。行けばハマり台が拾える、期待値は稼げる、というのはわかっていましたが、それでも稼働しませんでした。だって普通に働いている友人・知人は休みなわけで、遊びたい。休めるときに休みたい。管理人の稼働スタンスはゆるいですから。

話を戻すと、行かない人はそれでいいとして、行く人について。

パチ屋に行くといっても、人によって色々と考え方が違うと思います。ハイエナオンリーでガチガチに勝ちにこだわる人、ガセる率の高い年末年始のイベントで設定を追い求める人、暇だから打ちに行く人、こんな感じですかね。

ハイエナ

ハイエナはスロットのハマり台狙い・パチンコの潜伏狙いなど、期待値プラスのボーダーとやめ時さえしっかり守れば何も問題は無いと思います。店によっては客が多すぎて動きづらい可能性もありますが、基本的には稼働率が上がるのでチャンスはあると思います。また普段打たないような客も増えるので、思わぬお宝に出会う可能性もあります。稼働する人は頑張ってください。

設定狙い

設定を狙いに行く人はかなり危険です。店によっては本当に高設定を入れるような優良店もあるのかもしれませんが、基本的には期待できません。普段イベントでガセることが少なく、俗にいう優良店だとしても、年末年始のような長期休暇だけは別という場合も多々あるので、勝つ気で行くのは無謀かと思います。勝ちにこだわるくらいなら、初めから行かないのが一番です。

暇な人

暇だからパチ屋に行くという勇敢な人達へ出ないとわかっている死地に飛び込むのですから、それ相応の覚悟が必要です。そんな人達に管理人の考え方・立ち回り方をお伝えしたいと思います。

冒頭で長期休暇は稼働しないといいましたが、管理人にも例外はあります。友人・知人から「パチ屋に行こうぜ♪」とお誘いを受ける場合です。本心では「どうせ出ね~よ」と思っていても、そこはお付き合いで行かざるを得ない場合があるのも事実です。

そんな時、管理人はどうしてきたか?死地に飛び込む方々への参考になればと、少しお話したいと思います。

まずこういう連れパチ・連れスロに巻き込まれた場合、管理人の立ち回り方は大きく3通りになります。

【其の一】その時期パチンコを主体で稼働している場合。管理人の場合、イベントで一時的に釘を開けた台を打つことより、釘はそこそこでもその台だけクセが良い、技術介入で上積み出来る、といった長期休暇の営業にあまり左右されない立ち回りをしていることもあります(釘は万年釘でもその台だけ打てるというやつです)。

そういう時は、自分だけちゃっかりとその台に座ってお茶を濁します(笑)。万が一いつもよりさらに釘が閉められていても、案外やれる、総合的に見るとボーダーは越えるといった自分だけは期待値プラスの立ち回りをするという、完全なる抜け駆けです(笑)

【其の二】そう都合よくパチンコで良台を確保できていない時期、そもそも普段行かない店、こういった場合はさりげなくスロのハイエナです。普段のようにガチガチのボーダーで探していては打つ台も直ぐには見つからないので、1円でも期待値プラスの台だけを打つ(探し回ればそのうち見つかるんでしょうが、連れ打ちに来ていて打たないでウロウロするのも違うかなと。あくまでも私は、という話なんですが)。こうやって被害を最小限に抑えよう作戦です。こんなの普段の立ち回りでやったら、収支は荒れるはそもそも大して期待値取れていないはで、全くもってダメな立ち回りなんですが、自分の中で「期待値はプラスだから」という建前が欲しいだけです(笑)。

【其の参】友人・知人と連れだって打ちに来たら、並び打ちするでしょ?その時の立ち回り方。おそらくこの考え方が一般ユーザーには一番大切な考え方・立ち回り方なんじゃないかと思います。

死地に飛び込んで、期待値マイナスの台を打つんですから、完全にあきらめの境地です。そうはいっても、出ないとわかっている年末年始に5万も10万も負けたら流石に馬鹿らしいので、最初から使ってもいい金額を決めときます。どうせ当たらない宝くじを買うようなもんです。2万なら2万と決めて、それ以上は使わない。負けてもともと、万が一にも勝ったらラッキー。

具体的に説明するなら、上限まで使ってしまったら帰る。それまでに仮に出たなら、勝っているうちに流して帰る。一人で来ているならこれが一番です。

ですが一人ではなく、複数人でパチ屋に打ちに来ている場合。都合よく皆一緒に帰ると言い出す、ましてや奇跡的に全員が出る、なんてことは稀だと思います。

自分が出ていて、ということなら問題ないですが、逆だった場合。もし自分が出ないで一緒に来た友人・知人が出てしまった。その時点で自分の投資金額は上限まで残り5千円。そんな時は普段やらない1パチなど低貸しで延命。それでも出ずに上限に達してしまったら、諦めます。打つのをやめて、友人・知人の連チャンが終わるのを待ちます。終わったらやめるように助言。どうせ設定・釘ともに期待は出来ないので、勝っているうちにやめようという事です。そして飯でも奢らせましょう♪

最後に管理人から

とにかく年末年始に打つのなら「投資金額に上限を設ける」、これが一番大切だと思いますね。

どぶに捨ててもいいという金額を決め、節度を守って楽しむのをお勧めします。

折角の長い休み、この時期特に出ないとわかっているパチ屋で散財してはもったいないです。どうせお金を使うなら、買い物したり、おいしい物でも食べたり、家でゆっくり漫画でも読んだりと、いくらでも有意義な時間の使い方はあるでしょう。

それでも、「こういう時しか思いっきりパチンコ・スロットが打てないんだよ!」という方々は、負ける覚悟をもって臨んでほしいと思います。

その方が冷静な立ち回りが、というよりも冷静に引き際が見極められるはずなんで、陰ながら応援しときます。

管理人も間違って誰かに強制連行されない様に気を付けたいと思います(笑)。

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ: ,

スポンサーリンク

ページトップへ戻る