Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

パチンコの交換率(換金率)を変えて客がいなくなった店・・・

 どうも、管理人のテツです。

 前回はスロットの貯メダルをしている店で交換率(換金率)が上昇したのに、結果的には損してしまった知り合いの話をしました。

 前回の記事はこちら↓

 『貯玉・貯メダルをしているパチンコ店の交換率(換金率)が変わったら得する?損する?

 今回は、私が貯玉をしていた店でパチンコの交換率(換金率)が変更された時の話をしていきたいと思います。

       

スポンサーリンク

大量貯玉をしている店が等価交換になった

 パチンコの交換率(換金率)が30玉交換でよく通っていた店が、ある時等価交換になりました。

 再プレイ無制限という事もあり、だいたい常に15万発ほど貯玉をしていました。

 だいたいスロットの貯メダルはいつも1万枚前後で貯めているので、それと比べるとかなり多めかなと思います。

 それというのもやはりパチンコの方がスロットに比べて荒れやすく、ボーダーがプラスの台を打ち続けても、不運が続けば平気で1月に50万くらいなら吹っ飛ぶので、少し多めにこのくらいといった感じでした。

 そんなパチ屋で交換率(換金率)の変更があったわけです。

 15万発が30玉交換で50万円。等価だと60万円。

 変更後も貯玉は受け継がれ、新しい率で交換できたので10万円のプラスです。

 前回の話のように交換数に制限や期限も無く、これといって何も問題なく10万円増えただけなのですが、それもつかの間の喜びでした・・・。

 まず初めに等価交換に変更したとたん、当たり前っちゃあ当たり前なんですが以前より釘が閉まりました。

 そりゃ交換率(換金率)が上昇したのだからそれが当たり前です。

 しかし、その影響で客足に影響が出てしまいました。

 最初の頃は特段抜きにかかっていたわけでもなく、全体を見ても30玉交換の時のボーダーとそれほど変わらなかったのですが、やはり体感でも分かるくらい以前より回らないのが大きく影響した形です。

 そうなると完全に悪循環にハマります。

等価にしたので釘を閉める

客が減る

客が減って利益も減ったので釘を閉める

さらに客が減る

ループ&ループ

 こうして立派な等価で万年釘のク〇店が出来上がりました。

 これ以来、この店でパチンコを打つ機会が無くなりました。

586397

等価交換は向いていない

 どう見ても30玉交換の頃と比べて利益があるとは思えず、等価への変更は完全に失敗だったと言えると思います。

 「たくさん出た時に等価の方がいいから」といって、全く回らない等価のク〇釘を回しているのは一部のヘビーユーザーだけで、大多数のパチンコファンは「そこそこ回る台でそこそこの投資でたまにそこそこ勝てれば」こんな感じの人が多いという事です。

 1パチユーザーが増えたのがいい例ですね。等価のク〇釘でMAX機を打つのなんて完全に自殺行為ですから。

 私もパチンコ中心で立ち回っていた時期に、常にボーダー+4とか+5の台しか打っていないのに1月で50万持ってかれたとか、海でボーダー+5以上の台を朝から晩まで1週間打ち続けて1日もプラスで終わった日が無かったり・・専業でもこんなに結果がついてこない時期が続くこともあるのに、一般ユーザーが夕方から等価でボーダーを下回る台を打ち続けたら、1週間や2週間当たりすら引けないなんてことも余裕であり得るわけですから。

 取り敢えず1回くらいは当たりが引けなきゃ、面白さなんて全くわからないですからね。(;^_^A

 ましてやヘソに玉が入らな過ぎて、気がつけばデモ画面が流れたりしたら「こんなん打ってられるかっ!!」ってなりますよ・・。

 そういう意味でもパチンコに等価交換の営業形態は向いていない、というのが私の考えです。

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

ページトップへ戻る