Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

カチ盛りはお好きですか?

 どうも、管理人のテツです。

 とりあえず設定狙いの方法について、大まかなことは話せたと思うので今回は少し趣向を変えようかと。

 このサイトのコンセプトは、「スロットを楽しんで勝つ」なので「楽しむ」に着目しようかと思います♪

-スポンサードリンク-

  

スロットの楽しみ方

 スロットを打っていて楽しい瞬間は?

 これ、やっぱり誰でもそうだと思うんですが、ズバリ出ているときでしょう♪

 当たり前ですか?

 当たり前ですね(;^_^A

 もりもりメダルが増えている時が至福の時ですよね♪

 ところで、そのメダルを箱に入れるとき、みなさんはどうしていますか?

 ちなみに私は軽く整えて並盛です!

 でも、昔は違いました。

 箱にどれだけ多くのメダルを積めるか、「カチ盛り」をひたすら追求していました

087070

 最近はなんだかあまり見かけなくなった気がするんですが、昔はスロットの上手い人は「カチ盛り」するのが当たり前!

 むしろ「カチ盛り」していないと、「あいつへたれだな!」くらいの扱いを受けていました(わたしの地域はそうでした、他は知りませんが(笑))。

 今考えると、どうせ流すのになんであんなに頑張って「カチ盛り」していたのかあれなんですが、当時は知り合いと競い合うように積んでました。

 この盛る」というのは、自己顕示欲の現れみたいなところがあると思うんですよね。

 ラーメンだったり、キャバ嬢の髪だったりと同じじゃないですかね。

 昔のわたしも「カチ盛り」することで周りにアピールしていたんだと思いますね。

 最初は!

 途中からは明らかに意図が変わって、ただただ記録に挑戦みたいな感じになってました(;^_^A

 記録を伸ばそうとすると、「カチ盛り」もなかなか奥が深いんですよ。

 まず土台。ここは単純にきっちり積めばいいわけでもなく、多少ゆとりを持たせないといけないとか。

 山のふもとは決壊しないように堤防をつくるとか。

 高く積むには技術が必要です(笑)。

 最近のパチ屋の箱は、どこも小さくなったので頑張っても大して積めなくなりましたが、昔は今よりかなり大きかったので、かなりメダルを積めましたね。

 私が当時通っていた店の箱だと、だいたいカチ盛りで1箱3000枚以上いけましたから♪

 でも、こんなに積むと本当に重い!

 とにかく重い!

 わたし、この箱の上げ下げで2回ぎっくり腰やっちゃいましたから(;´Д`)

 専業時代は腰に限らず、体のいたるところにダメージ受けました・・・。

 みなさん健康には気を付けましょうね♪

 健康第一♪

 話が逸れましたが、この「カチ盛り」もスロットの楽しみ方の一部と言えるんじゃないですかね。

 皆さんも気が向いたら挑戦してみてください♪

 私も久しぶりにカチ盛ってみようかな?

 カチ盛るほどのメダルがゲット出来ればの話ですが・・・。

 自分もカチ盛りには少しこだわりがある!という方はブログ村バナーをポチッとお願いしやす(‘ω’)ノ

記事を読んでくれたそこのあなた!!1日1回↓の応援ボタンを押してください……お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 スロットブログへ

スポンサーリンク

ページトップへ戻る