Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【ねぇねぇ】しすくえパラダイス PV【なんでもな~い】

© Highlights Entertainment Co.,Ltd.

どうも、管理人のテツです。

知らないうちに……というか、何故かYouTubeの通知が来なかったので気が付きませんでした(汗 新規参入メーカー「ハイライツ・エンタテインメント」からスロット第2弾!「しすくえパラダイス」のPVが発表されたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

しすくえパラダイス【PV】

【PV】

【公式HP】

感想

ハイライツ版シスクエとして登場した「シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~」のノーマル版ですね。

A+RTとのこと、RTはシリーズ初ですかね?ちなみにRTは20G。

ボーナス合算は相当軽いようです。その代わり獲得枚数の方は、

大分少なめですね。RTも付いているので、大分まったりとした波になりそうです。

前作は2パネルだったのに、今作は初めから3パネル用意されているようです。

そう考えると、むしろこちらが本命なのでは?と考えてしまいますが、実際のところはどうなんでしょう?

今作はRTこそ付いてきますが、ようはノーマルです。初代・2を(そこそこ)やり込んだ(3と実質4の前作はほぼ触っていない)管理人からすると、シスクエ=ノーマルでしょ!って感じなので、こちらの路線で頑張って欲しいところです。

「昔のシスクエなんか知らね~よ」という方のために、軽くシスクエの歴史を振り返ると、

  1. 2007年 シスタークエスト…SNKプレイモアから登場。ノーマル機。5号機SNKの黄金時代。
  2. 2010年 シスタークエスト2 ~魔剣の騎士と白銀の巫女~…SNK。こちらもノーマル機。60分を超えるフルアニメーションなど、前作より演出を大幅強化。今作からシナリオライターの生田美話が参加(ファイナルファンタジーXIIなどゲームのシナリオを手掛けていることで有名なシナリオライター。最新作まで参加)
  3. 2012年 シスタークエスト3 ~黄金の大地と東の勇者~…SNK。A+ART機。シリーズ初のART機となる。
  4. 2017年 シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~…ハイライツから登場した新生シスクエ。実質4だがメーカーが変わったのでナンバリングなし。

ざっとこんな感じです。

1と2は結構打ち込みましたね。黄金期なんて書いていますが、少なくとも管理人が通っていたホールではどちらもバラエティ要員でしたけどね。それでも高設定が入った良い時代でした(;_;)/~~~

3はARTということで「そんなのシスクエじゃない!」となった……わけでは全然ないのですが、あんまり、というか殆ど触った記憶がないんですよね。まぁ同じくバラエティ要員だったのと、時期的に高設定が見込めなかったんじゃないですかね、きっと(覚えていない)。よく考えてみると、同じ年に登場したスカイラブ4と被っているのが理由かもしれません(結構長い期間こればっかり打っていたんで)。

最後にすげ~どうでもいい話なんですが、前述したようにほぼ知らない3と4を調べていて気が付いたんですが、初代と2のボーナス図柄は全体的に丸っこい感じなのに、3と4はカクカクしているんですよ。で、今回のしすパラは丸っこいんですよね。これってノーマル=丸っこい、ART=カクカク といった感じで使い分けているんですかね?芸が細かいですね(下記にシリーズごとのボーナス図柄を並べてみたんで確認してみて下さい)。

  1. シスタークエスト
  2. シスタークエスト2 ~魔剣の騎士と白銀の巫女~
  3. シスタークエスト3 ~黄金の大地と東の勇者~
  4. シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~
  5. しすくえパラダイス

記事を読んでくださり有難うございました<(_ _)>帰るついでに↓の応援ボタンを1プッシュしてくれると、中の人がとても喜びます|д゚)チラ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ: , , , ,

スポンサーリンク

ページトップへ戻る