Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

CR吉宗4 天昇飛躍の極|【スペック・ボーダー・止め打ち・PV・実質連チャン率80%の仕組み】

©2017 DAITO GIKEN.INC ALL RIGHTS RESERVED.

大都の看板キャラ吉宗が4たびパチンコに登場!「CR吉宗4 天昇飛躍の極」の解析情報になります。

基本的なスペック・ボーダー・止め打ちについて紹介します。

スポンサーリンク

CR吉宗4 天昇飛躍の極
【もくじ】

  

基本情報

基本情報
台の名称CR吉宗4 天昇飛躍の極
メーカー大都技研
導入日2017年6月5日
備考1種2種混合タイプ
導入予定台数約10000台
筐体画像
 

スペック/ミドル(1/319)

スペック(1/319)
大当たり確率通常時1/319.7
確変中1/6.2
確変突入率60%
実質継続率80%
電サポ回数0 or 5回
賞球数ヘソ4個
電チュー1個
その他3個
アタッカー賞球10個/10カウント
 
当選内訳(1/319)
ヘソ 当選内訳
ラウンド電サポ出玉振り分け
10R確変5回870個60%
10R通常0回870個40%
電チュー 当選内訳
ラウンド電サポ出玉振り分け
15R確変5回1325個100%
 

ボーダー/ミドル(1/319)

ボーダー(1/319)
交換率表記出玉出玉5%減
2.50円24.626.0
3.03円22.924.1
3.33円21.923.1
3.57円21.322.4
4.00円20.321.4

算出条件:3000回転/電サポ中の出玉増減なし

 

止め打ち

【開放パターン】
・1種類…2回開放
・賞球数…1個

【止め打ち手順】
・小デジ保留ナシ→打ち出し→スルー通過確認後+1個打ち→一拍置いて3個打ち
・小デジ保留アリ→2回目が閉じる直前に3個打ち
※一応上記手順にて無駄玉防止となるが、そもそも本機は時短が確変中の5回しかなく、『実質連チャン率80%の仕組み』でも説明しているように時短5回+残った保留4個で連チャンを狙っていくゲーム性となっているので、ヘタに止め打ちを実践して万が一2ndチャンス時に保留を満タンに出来ていなかった場合、連チャン率が低下してしまう。よって自信のない方は、液晶表示に従って打ちっ放しで消化したほうが無難。

   

実質連チャン率80%の仕組み

右打ち時(極Rush)突入時の連チャン率80%の仕組みについて。まず右打ち時(極Rush)突入時は電サポ5回転・大当たり確率1/6.2となっています。

1stチャンス(60%)→2ndチャンス(50%)の順で抽選が行われ、結果連チャン率80%ループとなっているわけですが、その中身を説明。

1stチャンスでは、大当たり確率1/6.2で5回抽選なので、連チャン率=58.5%

2ndチャンスでは、残った保留4個を1/6.2で抽選なので、連チャン率=50.5%

結局は大当たり確率1/6.2の抽選を9回(電サポ5回+残った保留4個)なので、連チャン率=79.5%

だいたいこんな感じになります。イメージとしてはST機のような感じですかね。

普通に打っていれば何も問題ありませんが、右打ち中指示通りに打たず保留を貯められないとなると、上記で示した仕組み上抽選を受けられないので一応注意してくださいね。

PV

PVは下記の紹介記事からどうぞ♪

 

管理人の私見

現行機種としては、右打ち時80%で1300個超の出玉がループするというのは相当「荒い」部類に入ると思います。

それでこそ「吉宗」らいしいっちゃあ、らしいですけどね。

記事を読んでくれたそこのあなた!!少しでもお役に立ちましたなら、1日1回↓の応援ボタンPUSHをお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 スロットブログへ

タグ: , , , ,

スポンサーリンク

ページトップへ戻る