元専業者の昔話

堕ちた2人組/サクラと打ち子part3~後編~

投稿日:

 どうも、管理人のテツです。

 今回は『堕ちた2人組サクラと打ち子part3~前編~』の続き、後編になります。

 不正に手を染めた2人組。

 それに気づいた常連達。

 このまま2人組は甘い汁を吸い続けるのか?

 それとも・・・。

 それでは、続きをどうぞ♪

-スポンサードリンク-

 

 

不正に手を染めたモノの末路

 明らかに2人組に設定が漏れているこの状況。

 ほぼ決定的とも言える状況を常連に目撃されてしまったが・・。

 実際はというと、そのことが当の本人達の耳に入ることはありませんでした。

 一部の常連はかなり2人組に対して不満を持っていましたが、前回言ったように怖いんです(;^_^A

 見た目もそうですが雰囲気も・・とにかく面と向かって本人達に文句を言う奴はいませんでした。(笑)

 実際明らかにクロなんですが、仮に追求したとしても「たまたま飲み屋でバッタリ会った」とか、いかようにも言い逃れできますしね(^^;

 まあ言えないですけど(・。・;

 その後も、たびたびその2人組と設定師が一緒にいるところが目撃されました。

 それでも誰も言えなかったようです(・。・;

 「店に直接言えば?もしくは本社とか。」

 こんな風に思う方々も多いと思いますが、万が一自分たちが密告したことがバレたら・・一部の常連達もそこが怖かったんですよね(;^_^A

 私は元からそういったことにはノータッチなので、特段2人組を気にすることもなく、その店が狙える日には打ちに行き、軽く挨拶と世間話くらいはするといった感じでした。

 その代わりと言っちゃなんですが、その店に行くたびに顔見知りの常連たちに2人組に対する愚痴を延々と聞かされましたが。(笑)

 みんなうっぷんが溜まっていたんですね(;^_^A

 毎日通っている一般客からしたら、たまったもんじゃないでしょうから。

 そんな2人組だったんですが、ある時期から私はおかしいことに気づきます。

 平常営業で相も変わらず朝一から同じ台を打っているのですが、なんだか打っている台の挙動がおかしいんです。

 挙動がおかしいというか、設定が・・・。

 本人達と軽く挨拶を交わすと、いつものように

 「この台6だよ。」

 とか、

 「4か5はあるかな。」

 と言った感じで毎度毎度、高設定だと言うんですが・・明らかに違う。

 あっても4くらいにしか見えない、もしくは低設定ということが頻発するんです。

 本人たちは毎回高設定だと言い張る(もちろん朝一から閉店まで回しています)。

 私から見ると明らかにあっても4、もしくは低設定。

 そんな滑稽な状況に出くわすことが増えたんです。

 少なくとも、私が見た時に6!と言い切れるような台を打っていたことは無くなりました。

 どういうことか?

 あくまでも推測なんですが、まずその店は5号機時代に突入して客も減り、明らかに経営が悪化していたんですね。

 そんな中、平常営業でそうそう高設定が使えるわけもなく・・。

 でも、設定を流すように促される・・。

 結果・・。

 明らかに設定師に騙されているとしか考えられないんですよ。(笑)

 普通気づくだろう!と思うかもしれませんが・・。

 時代は5号機初期。

 4号機時代に比べて、6でも出ない、ましてや4・5ではなおさら。

 毎日その店にしか行かない2人組からすると、高設定でもそんなもんだと勘違いしていたんじゃないかと。

 確かに、4号機全盛のころと比べれば初期の5号機なんてク〇でしたが。(笑)

 それでも機種によりますが、高設定ならそれなりに安定感はあったんですがね。

 往々にして、打ち子やサクラをしている輩ってのは思考が完全に停止しているんです。

 何にも考えず、言われた台を朝から晩まで回す毎日。

 設定判別する必要も無し。

 演出に一喜一憂することもなくなり。

 だんだん打っているときの態度は気怠そうになり、死んだ魚の目でリールを眺めるようになるんです。

 全員がそうだとは言いませんが、私が今まで見てきた輩はそういう風になっているのが多かったですね。

 まあ設定師が横流しする設定が下手すると最高4なのでは!?という店の状況ですから、その時期を境にして私はその店に行かなくなりました。

 最高設定が4では夢も希望もありませんから(;^_^A

 それから少し月日がたち、すっかり2人組のことも忘れた頃でした。

 たまたまその店の常連と会う機会があり、あの2人組について聞かされました。

 てっきりまた愚痴でも聞かされると思っていたんですが、その話に驚かされます。

 なんと、設定師は横流しがバレて賠償金請求の上クビになり、2人組はヤ〇ザに追われて逃げていているとかなんとか・・・。

 どこまで本当かは分かりませんが、当時その系列に勤めていた知り合いの話では、少なくともそれ以降すべての系列店舗で設定の取り扱いがかなり厳しくなったとのことでした。

 まあ因果応報ですかね・・。

 怖いですね~。

 悪いことはするもんじゃないですね~。

 皆さんも甘い誘惑には気を付けてくださいね。

 それ相応のリスクもあるということです・・。

 それにしても、今頃あの2人組はどうしているのかな(=_=)

-元専業者の昔話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【7月7日】元専業者見解+懐かしき爆裂店7月7日の昔ばなし

どうも、管理人のテツです。 唐突ですが、明日は7月7日ですね。七夕です。そして、スロッター・パチンカーにとって最も尊い数字『7』が並ぶ日。 スロ・パチ系ブロガーの大勢が取り上げているので、ウチでも何か …

昔のパチンコ屋あるある その4

どうも、管理人のテツです。 管理人が実際に体験してきた昔のパチンコ屋シリーズ「昔のパチンコ屋あるある」。 結構久しぶりですかね? 多くの方が待ち望んでいたであろう大人気シリーズ第4弾!! 「えっ?そん …

昔のパチンコ屋あるある その3

どうも、管理人のテツです。 管理人が実際に体験してきた昔のパチンコ屋シリーズ「昔のパチンコ屋あるある」。ご要望があろうが無かろうが第3弾! 今とは大分変わった点なんかを、思いつくままに書き殴っていくシ …

【管理人が痛い目に遭った話】長期休暇は出ないと分かっていてもパチ屋に行ってしまうあなたに…

どうも、管理人のテツです。 当ブログでは2回に渡って、パチ屋の年末年始の渋さ、1月攻め始める時の見極め方といった感じで、長期休暇の立ち回りに関して読者の皆さんに向けて注意喚起を行ってきました。 元専業 …

【ひどい話】或る男の呪われた車

どうも、管理人のテツです。 当ブログでは今までパチ屋で起こった『ひどい話』をいくつか紹介してきましたが、どれも管理人が体験したことでした。 毎回自分の事だと書いていて気が滅入ってくるんで(笑)、たまに …